血糖値とコーヒーの不思議な関係

「コーヒーを飲むと、血糖値が下がる」と聞いたことはありませんか?確かに、そのような研究データが出て、注目されました。しかし一方で、「コーヒーを飲むと、血糖値が上がる」というのも、事実です。こう聞くと、「上がるの?下がるの?正反対だけど、一体どちらなの?」と驚いてしまいますね。

実はこれ、コーヒーに含まれるカフェインという物質の働きによるのです。カフェインには、体内ホルモンの一種であるアドレナリンの分泌を促す働きがあり、このアドレナリンが、血糖値を下げる役割を果たすインシュリンの働きを抑制してしまうのです。つまり、カフェインを摂取することにより、インシュリンの働きが鈍くなり、血糖値を上手く下げることができなくなり、その結果、「コーヒーを飲むと血糖値が上がる」ことになるのです。そしてカフェインには、という、ある特殊な物質も含まれています。

このPGC1αには、実は、血糖値を下げる働きをするミトコンドリアを活性化させる性質があるのです。つまり、カフェインを摂取することにより、ミトコンドリアの働きが盛んになり、「コーヒーを飲むと、血糖値が下がる」ことになるのです。どちらも、コーヒーに多く含まれているカフェインの摂取の結果の現象ですが、上がったり、下がったり、本当に不思議ですね。

もっと詳しく血糖値を知る。http://kettouti.biz/