化粧の役割について

コスメは、スーパー、ドラッグストアなどにたくさん置いておりすぐに手に取ることができますが、コスメの役割とは一体何なのでしょうか。

コスメは3つの種類に分かれます。1つ目の基礎化粧品は、肌質自体を整えるという役割があります。基礎化粧品にはメイクを落とすクレンジング、肌の汚れを落とす洗顔料、肌の水分を補給する化粧水、肌の保湿の強化・シミやシワなどのトラブルを防ぐための有効成分の補給をする美容液、水分の蒸発を防ぐ保湿クリームがあります。

2つ目のメイクアップ化粧品には肌のトラブルを隠して美しく見せる、また肌を守るという役割があります。

基本的なメイクアップ化粧品には、土台の役割を持ち、ファンデーションのノリを良くする化粧下地、肌全体に塗り透明感があるきれいな肌に見せるファンデーション、ファンデーションでは隠しきれないニキビなどを隠すコンシーラー、ほっぺに塗る赤みによって血色がよく健康に見せるチーク、目元にのせて目力を強調するアイシャドウ、目元に黒いラインを描いて目を強調させるアイライナー、まつげを上向きにさせるビューラー、まつげに塗ってまつげを長く見せるマスカラ、まゆを描いて美しく見せるアイブロウ、唇に色をつける口紅、唇に色を付けてツヤツヤにさせるリップグロスなどがある。また、3つ目の薬用化粧品は、効果効能が認められているものであり、肌トラブルを回復させる役割を持ちます。症状に合わせて使ってみると良いでしょう。